家庭用脱毛器 処理

女性が美容に使うお金と時間【脱毛編】

家庭用脱毛器で処理をした場合

最近はやっている家庭用脱毛器。
家で好きな時にできること、またサロンに通うのが面倒…と感じている人を中心に人気があります。
これを使った場合どのくらいのお金と時間がかかるのでしょうか?

今人気のある家庭脱毛器ケノンで考えてみます。
ケノンは約7万円。念のため送料も考えて75,000円で計算をしてみます。

ただし、脱毛器のカートリッジにはショット数があり、それがなくなってしまうと
新しいカートリッジを購入する必要があります。
しかし意外と長持ちするので、レベルMAXでも1万ショット(レベル1だと5万ショット分)は打てるようです。
そしてこれは脱毛サロン(2ヶ月に1度ペースで計算)に通った場合の2年分に相当します。
もっと分かりやすくいうとレベルMAXでも全身脱毛約14回分が可能です。

脱毛サロンは約6回で10万越えの料金ですので、その時点では随分お得です。

では実際の脱毛にはどれくらいかかるのか?

部位によって必要ショット数が決まっていますので、片ワキなら2~3ショットですので1分程度で完了します。
冷却時間も入れても、片ワキ最大5分です。両ワキなら10分ですね。

ケノンは広い範囲の照射が可能なため、少ないショットで広範囲に当てることができます。
ですから全身を脱毛した場合も、1時間半~2時間程度でできるんです。
ただし、利き手が使えない場合、まだ使い始めて慣れていない場合は、もう少し時間がかかると思います。

使用頻度は2週間に1回、1週間に1回、10日に1回の使用が多いです。
ですから納得が行く人は半年頃からケノンの使用をいったん休止する人が多いのだとか。

効果が出る割には比較的安い値段でできますが、自分でいろいろやるのが面倒でなければ
一番良い方法ですね。